ぎっくり腰になってしまいました。ドローインはお休みするほうがいいでしょうか?

Q
ぎっくり腰になってしまいました。ドローインはお休みするほうがいいでしょうか?

A
お腹を凹ませるというダイエット目的のドローインとしては、
お腹を「より大きく」引っ込めることことを基本としておすすめしていますが、
ぎっくり腰では腰が痛くてお腹を引っ込めるどころではありませんよね。
まずは、激痛がおさまるまでは安静第一になさってください。
痛みが強い場合は、コルセットを利用されることをおすすめします。

 

とりあえず、痛みは残っているものの、日常動作がなんとかできるようになったら、
コルセットは外して、 腰に痛みを感じない範囲で生活の中でお腹を引っ込めることを心がてみてください。
お腹を引っ込めて凹ませることで、腰痛用のコルセットのように腰回りを固定してくれます。
保護する形で筋肉が働いてくれるため、早く回復に向かうはずです。

 

なお、生活の中で常にお腹を引っ込めておくというのは難しいと思いますので、
腰に負担がかかる動作、言い換えると、痛みを感じやすい動作の時に、お腹を引っ込めることを意識します。
特に中腰で背中を丸める姿勢に注意です。
できれば背すじを伸ばす、それが難しければ、お腹をしっかり凹ませる、壁などに手をつくなどします。
腰痛を繰り返さないためにも、腰に負担がかかる動作にぜひお気をつけになってください。

 

『1日1分で腹が凹む』(ダイヤモンド社)の中で解説しているように、
お腹を長く凹ませるのは脂肪燃焼効果の高い引っ込め方になります。
より大きく引っ込めるドローインは当面お休みして、
弱めに長めに引っ込めるドローインを行うようにしてみてはいかがでしょうか。

 

私は、若い頃に腰をひどく痛めたせいで椎間板のクッションがつぶれてしまっているのですが、
腰が疲れることはあっても、腰痛はまったくでなくなりました。
腰をいたわる意識で引っ込めていれば、回復も早く、また、今後の自身にもつながるかと思いますので
あせらずに目的を意識したドローインで取り組んでいってください。

 

※ 立った状態で、少しお腹を引っ込めるのでも痛くてつらい場合には、
・床にあおむけになって、足を肩幅よりも広めに開いた状態で、両膝を片一方に倒す
この状態での腰のストレッチをぜひお試しになってみてください。
気持ち良ければ続行、痛くてつらい場合は中止です。

関連記事

  1. 食事制限でやせるデメリットは?

  2. ドローインしてもお腹が凹まないのはなぜ?

  3. いろいろなドローインの行い方がありますが、どれが正しいのです…

  4. 植森美緒の食生活は?

  5. ドローインすると膝が痛くなるが、中止するほうがいい?

  6. 運動してもやせないのはなぜ?